薦田典佳 | 上司を自分がマネジメントするという視点を持つ

薦田典佳 | 上司を自分がマネジメントするという視点を持つ

あの人は言うことがコロコロ変わるとか、あの上司は決断ができない。

そのような事に対して、いちいちイライラしたり、怒りの感情を覚えるのはすべて貴方自身が上司に対して期待をしているからにすぎません。

  • 上司なんだから指示はビシッと一貫して言って欲しい。
  • 上司なんだから決断はしっかりして欲しい。

このように感じるのは相手に対する期待が原因です。

ですが、よく考えてみてください。上司に対して貴方が持つ感情は全て相手を理想化していることが原因です。

その理想を捨て、上司に対する過度な期待をなくしたあとは、相手が指示を出さない、相手がすべての仕事を見通して一貫した指示を出せるということが無理な話だと気がつくはずです。

上司は例外なくマネジメント素人、期待するだけ無駄

仕事をする上で、全てを見通して、多くのトラブルが起きることを想定し、一貫して筋の通った指示を出すというのは、非常にプロフェッショナルなことです。

そんなこと、貴方でさえもできないのではないでしょうか。

だからこそ、上司の指示がコロコロ変わる、言う事が二点三点するというのも上司の立場の視点を持てば、そうせざるを得ない事が理解できます。

また、あなた以上に貴方がやっている仕事を上司が理解する事はありません。

どんなに貴方から仕事の報告を受けていたとしても、上司自身がその仕事に対して本気で頭に情報を叩き込んでいるかというとそうではないからです。

だから決断をする材料などもなく、判断ができないという場合もあるのです。

上司を自分がマネジメントする事で環境を変えていく

それでは、上司が指示をコロコロ変える、決断できないというシチュエーションを甘んじて受け入れろというかとそういう話ではありません。

貴方自身が上司をより良い方向、自分が仕事しやすい方向にマネジメントをするという考えをもってみてはどうでしょうか?

貴方が上司をマネジメントするのです。

上司に対して愚痴を言ったり、上司の悪口を言っているだけでは今の貴方の仕事のしにくさは変わっていきません。

まずは上司の暴走を食い止め、貴方が仕事しやすい環境を整えるための、上司のマネジメントを学んでいきましょう!