薦田典佳 | 細すぎるタイプの上司とどう付き合うか

薦田典佳 | 細すぎるタイプの上司とどう付き合うか

細かな業務内容まで、監視をしたいというタイプのマイクロマネジメント上司。

重箱の隅をつつきすぎる細かなやりにくい上司。

このタイプと仕事をすると、一挙一足を監視されているような気がして窮屈に感じます。

また自分が信頼されていないように思えてモチベーションが落ちるという方も多いはず。

細かなところばかり指摘されて、話が一行に進まない苛立ちも感じてしまいます。

細すぎるマイクロマネジメント上司とは、どのように付き合えば良いのでしょうか?

細かすぎる上司をマネジメントするには

企画全体の相談をしたいのに、どうしようもない重箱の隅をつつくことで「仕事をしている気分」になる細かなタイプの上司。

または、ゴールまでの手順をすべて自分で指示を出したがるマイクロマネジメント上司。

この手のタイプの上司は、精神学的には「強迫性障害」などの傾向が強く、細部にこだわるあまり全体が見えていない人なのです。

部下の立場からすれば、あれこれ細かいところばかりつつかれて、話が一方的に進まないというのは困りものです。

細すぎる上司に多いのは、いわゆる「勉強ができる」けれど、決断力に欠けているのが問題の本質。

高学歴で、勉強ができる秀才タイプなのに全体が見通せないという上司とどう付き合えば、スムーズに仕事ができるようになるのでしょうか。

こういう細すぎる上司を持ったときにおすすめな対応方法が以下のとおり。

  • 客観的なデータを用意する
  • 数字で説明をする

この2点です。感情や気持ちや、慣習などではなく、具体的な数字データや客観的な資料を用意することで相手は安心感を抱きます。

さらに、その上でデータをみせながら「貴方はどう思いますか?」と相手にヒアリングすることで、「仕事ができると思われたい」「頼られたい」という相手の自尊心もみたせるのです。

このタイプの上司には、データを集めて用意してみせ、その中から最終的なゴールを上司に決定させるというスタンスが向いています。