薦田典佳 | ビジネスの世界に登場する嫌な上司との付き合い方

薦田典佳 | ビジネスの世界に登場する嫌な上司との付き合い方

社会に出ると学生時代では考えたこともないような人間関係と出会うことがあります。

例えばパワハラをしてくる上司。またはイヤミを言う先輩。まるで子供のように大人げない態度で接してくる人。

世の中には「なんでこんな人格破綻者が上司なのだ」と思うようなシチュエーションも。

学生から社会人に出た人にとって、初めて出会うのが「上司」という存在。

今まで付き合いのない目上の立場の人と上手くやっていくためには、それなりのテクニックが必要になります。

特に新社会人や、社会に出たての若い方にとって、上司とのコミュニケーションに悩まれることは多いはず。

多くの新人が悩まされる上司のタイプ

  • 上司・先輩に毎日些細なことで叱責される
  • 上司・先輩が責任を取らない、押し付けてくる
  • 上司・先輩が自分の仕事を丸なげする
  • 上司・先輩が仕事をくれない
  • 上司・先輩の自慢話に付き合わされるのがストレス

このような体験に今現在お悩みではないでしょうか。

人間関係が辛いから仕事に行きたくない、というのはよくある話です。

またそのことが原因で退職、転職を余儀なくされる方もいらっしゃいます。

もし貴方自身が今居る会社で、上司に悩まされているのであれば、退職や転職をする前に一つ考えてみてください。

転職をしてもその先には同じようなタイプの上司がいないとも限りません。

まずは自分自身で、この手のタイプをかわす方法を得ておいたほうが良いのです。

その上司との上手な付き合い方、かわし方を知ることで今の立場が楽になるかもしれません。