薦田典佳 | 上司の責任逃れをどう防ぐ?

薦田典佳 | 上司の責任逃れをどう防ぐ?

最も部下として困った上司というのは「責任」を取らない上司です。それだけならまだしも、その責任全てを部下に擦り付けるような上司もいます。

このような上司の下で働くというのは常に気を張らなくてはいけません。自衛なくしては貴方のキャリアに大きな傷が付くからです。

なんでもかんでも責任を押し付けてくる上司とはどのように対峙すればよいでしょうか。

直接的な被害になりやすいのがこのタイプの上司。一つの判断ミスが今後の貴方の社会生活に大きな影響を与える場合もあります。

責任を取らない上司、責任を押し付けてくる上司の回避方法をご紹介いたします。
責任を擦り付ける上司の回避方法

責任を押し付ける上司とはまず、上司と自分だけの二者間のみののコミュニケーションを取らないことが基本方針です。

密室での言った言わない論争に発展した時、上司と部下という立場であれば周りはどうしても上司の言い分を鵜呑みにします。

そのため、言った言わない論争に持ち込ませないことが重要に。

だからこそ、責任逃れをする上司とのコミュニケーションでは常に第三者ツールを使用しましょう。

おすすめの自衛方法

ICレコーダーで上司との会話を録音する

メールで指示についてエスカレーションを残しておく

メモを取って日付と日時を残しておく
やりすぎと思われるかもしれませんが、この手の責任逃れをするタイプの上司はどんなにありえない口上を使ってでもすべての責任を部下に擦り付けたがります。

だからこそこのような「証拠作り」は、トラブル回避のためにはとても有効。

口頭でのやり取りにとどめておくことが最も危険です。

必ず証拠を残すようにしていきましょう。

責任を取らない上司とは口頭での指示、やり取りを絶対しないことが貴方自身がトラブルに巻き込まれないための最大の防衛です。

また、証拠を残していることを上司に気づかせることも防衛方法の一つ。

しっかり証拠を残している部下に対して、「こいつは面倒そうだ」「ごねて逃げられそうにない」という、危機感を相手に覚えさせることで、責任をすべてなすりつけようという行動を回避することも可能です。